症状チェック

当院は、指圧の流れを汲む手技を中心とした施術を行っており、患者さんがお悩みの原因を突き止めた上で、しっかりと治していくことを大切にしています。

初めて当院にいらした方の多くが「今までで一番気持ち良かった」と感動してくださっており、これからも一人でも多くの患者さんに喜んで頂ける施術を続けていきたいと思っております。

さらに、当院内の施術だけでなく、ご家庭で実施できる簡単な運動についての指導や、日常生活で気をつけて頂きたいアドバイスもさせて頂いておりますので、「本当に身体を良くしていきたいという方」は、ぜひ一度ご相談にいらして頂ければと思います。

デスクワークでの痛み

 慢性的な肩こりで悩んでいる
 腰痛が辛い
 偏頭痛が治らない
 眼精疲労が辛い
 湿布・痛みどめ薬が手放せない

長時間、同じ姿勢をとることが多いデスクワークは、常に身体(特に背中)が緊張状態にあるので、筋肉の柔軟さが無くなった状態が肩こりや腰痛、ぎっくり腰などの原因となります。仕事中もずっと椅子に座りっぱなしではなく、定期的にストレッチをして身体をほぐしてあげましょう。

また、首や肩のコリが酷くなっている状態は筋肉の血流が悪くなっている証拠です。脳に酸素が行かなくなり、頭痛や目の疲れ・イライラを感じやすくなったりと、メリットは何一つありません。仕事で忙しく、湿布や痛みどめ薬に頼りがちですが、痛みの原因をしっかりと治して仕事に支障をきたさないようにしましょう。

家事・子育てでの痛み

 首や肩がこっている
 背中が痛い
 手首などの関節が痛い
 偏頭痛に悩んでいる
 身体が怠く重い

同じ動作を繰り返す作業が意外と多い家事・子育ては身体への負担は大きいです。男性と比べて女性は筋力が弱いため、その分、身体にダメージを受けてしまうことがあります。また、身体の痛みや怠さが酷くなると、頭痛や吐き気などの症状が出てしまう方もいます。

洗濯や掃除の合間にも、適度に柔軟・ストレッチを行い身体をほぐしましょう。最近ではヨガなどをしている女性が増えてきております。これも身体の痛みに対して予防につながるので是非おすすめです。

運動によるケガの痛み

 転んでケガ(捻挫・骨折)をしてしまった
 肉離れを起こしてしまった
 背中やおしりに痛み・しびれを感じる
 急な運動でぎっくり腰になった
 関節の痛みが治らない

運動ブームにのってスポーツを始められる方が増えております。急な運動は身体に大きな負担をかけますので、事前のストレッチとアフターケアを怠らないようにしましょう。当院が併設しているセントラルスポーツでも、運動中にケガをされる方が非常に多いです。痛めた際はすぐに治療を行ったほうが回復も早いので、是非当院にお立ち寄り下さい。

当院はマッサージ店ではないので、捻挫・骨折・脱臼・打撲や、ぎっくり腰などのいわゆる急性のケガは保険が適応できます。国家資格を保持した施術者が治療を行いますので、ご安心下さい。普段の生活に支障をきたさないように、一日でも早い回復をサポート致します。

保険診療が適応される症状について

【該当症状】

 頸や腰の寝違え
 急性腰痛(ぎっくり腰)
 運動で肩を痛めた、荷物を持って腰を痛めた
 車から降りた時に膝を捻った、段差につまずき足を捻った

以上のように、『いつ・どこで・何をして痛めた』という、原因がはっきり分かる急性・亜急性の症状に限り、保険診療が可能です。保険診療に合わせて施術時間(ボディケア)の追加も可能です。担当のスタッフにご相談下さい。メニューはこちらへ

1割負担 初診:690円~ / 2回目以降:230円~
3割負担 初診:1,650円~ / 2回目以降:500円~

交通事故(自賠責)・仕事中のケガ(労働災害)にも診療致します。

安全で確かな治療環境を提供するために

当院では、提携している信頼のある病院への紹介、また、患者さんの検査依頼もおこなっております。
その病院は、レントゲンやCT・最新のMRIなど充実した設備が完備されており、重篤な症状の患者さんの不安感が少しでも取り除ける様な施設であります。

病院(整形外科)で異常なしと言われた方でも、身体の違和感が消えない方は一度ご相談頂けると幸いです。